ブーランジェリー ナカニシ[Boulangerie Nakanishi]@豊見城市真玉橋553

訪問:2022/3/25 9:50、3/28 10:30 (支払総額:720円+380円)
採点:総合4.0、味4.0、サービスn/a、雰囲気n/a、CP4.5
Pan20220325c.jpg
定宿メルキュール沖縄那覇から奥武山公園と漫湖公園をぐるりと1周する愛用ウオーキングルート(6Km/1時間)の途中に、1989年創業のパン屋があることに気づいた。フランスのパン屋みたいに朝7時のオープン時に7~8割のパンが焼きあがっているという表示にも惹かれたので、朝食を控えめにして買ってみることにした。口コミや投稿写真で確認すると、安いうえに質的にも上等に見えたのも、比較的早い時間帯に行く気になった理由。

IMG_9455.JPG
150円という驚愕価格のバゲットは売切れていたが、それ以外のパンも予想よりも良い感じということで、5個購入。
それでも720円にしかならないのだから、最近雨後の筍のごとく乱立している感のあるパン屋とは比べ物にならない安さだ。

IMG_9456.JPG
▲くるみとスライスアーモンドデニッシュ(150円)
ナッツたっぷりは見た目で分かるが、予想外にデニッシュが旨い。
デニッシュやパイ類はバターたっぷり感のあるものが好きだが、油脂分少なめでも美味しいタイプ。

IMG_9459.JPG
▲焼イチゴペストリー(160円)
ケーキと違ってビニール袋に入れて渡されるので、ホテルまで移動の際に少し潰れてしまった。
ちょっとイチゴソースのかけ過ぎ感はあったものの、土台のパイ生地が美味しいのでまずまず。

IMG_9465.JPG
▲シナモンリーフパイ(120円)
パッと見で大好物のパルミエかと思ったが違った。
しかし、ここまでシナモン振りかけるのかと思うほどに大量のシナモン。

IMG_9463.JPG
▲チーズプレッチェル(140円)
迷ったらコレ!!と書かれていたのと、パイ系の生地だったので買ってみた。
チーズ味が濃厚なのは、他のパン類も主たる材料の使い方が半端ないので同じ傾向。
昼に食べきれなかった分を夜にいただいたが、時間経過とともに大幅に食感が落ちてしまうので、オーブントースターが無い環境で買うものではないな。(他のパンも同様だけど)

IMG_9461.JPG
▲レーズンカンパーニュ(150円)
これは、取った瞬間にずっしりと来た重さで分かったが、とにかく中に入っているレーズンの量が半端ない。
カンパーニュだけに、翌日持越ししてもそれほど問題は無かったが、やはり買ってすぐに食べるべきだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結構気に入ったので、休み明けの月曜日の朝もウオーキングの途中に寄って夕飯分として購入。
とはいえ焼きたてを味わいたいので、前回購入して1番だった「くるみとスライスアーモンドデニッシュ」を除いて公園のコンクリベンチに置いて少しだけ食べてしまった。

IMG_0055.JPG
▲ブリオッシュフレッシュバナナ(150円)
甘さ控えめで硬めに焼いたブリオッシュに、カスタードと1cm程度の厚さで輪切りにしたバナナをトッピングして焼いてある。
ここで思ったのは、他のパンでも使われているカスタードが美味しいこと。たぶんカスタード単独で食べると美味しいとは感じないと思うが、本来の食材とケンカしないような甘さと主張を控え目にして、アイシング(ここではバナナと粉糖)で味を決めている気がする。

IMG_0053.JPG
▲シナモンロール(80円)
欧米で2度ほど食べた記憶のあるシナボンは高くて甘いだけで美味しいと思わないが、これもブリオッシュ生地をベースにアイシングで甘さを決めた感じでまずまず。何しろ値段が安い!
シナモンリーフパイで派手にシナモン粉を振りかけているのに、こちらは控えめ過ぎかな?

来シーズンも利用したいと思うことから、初回訪問時のほぼ全品の価格情報を掲載しておく。
あんパン等は特段安い感じはしないが、恐らくあんこたっぷりなんだと思う。(日本の菓子パンは好きでないので買わないけど・・)
Pan20220325a.jpg
IMG_9450.JPG
Pan20220325b.jpg

※店舗詳細:Boulangerie Nakanishi
TEL.080-6483-1421
入口GPS: 26.193996, 127.693615

この記事へのトラックバック