スパイスガーデン@小島新田店

訪問:2022/4/1 13:30 (支払総額:1200円)
採点:総合3.0、味3.0、サービス3.5、雰囲気3.0、CP3.5
IMG_0162.JPG
ホテルから4Kmの那覇空港まで歩いてANA朝便で羽田に戻り、羽田空港T3から出来たばかりの多摩川スカイブリッジを歩いて渡って京急小島新田駅から自宅に戻ることにしたが、旅の最後は駅前にあったネパールカレー屋で食べることにした。

IMG_0166.JPG
お願いしたのは、ランチ最高峰の「スペシャルセット(1200円)」。
まずは、7択のドリンクから選んだ「アイスマサラティー」と「サラダ」が出てきた。那覇では違ったけど、首都圏のネパールカレー屋のサラダドレッシングって、決まって胡麻ドレなんだよなぁ・・

IMG_0169.JPG
続いて出てきたのは、ネパールカレー屋でおなじみの巨大ナンに、7択のカレーから選んだ「ほうれん草チキン」と「エビカレー」。極小サイズのデザートはフルーツ入りヨーグルトだった。マンゴーラッシー頼まなくてよかった。

IMG_0182.JPG
「エビカレー」は、3日前に那覇のShiva Mahalで食べたプラウンマサラカレーと比較しようと思って選んだわけだが、入っていた海老は3尾だけど海老を食べた気になる大きさだったし、カレーもトマト味が主張しすぎることなく海老の風味もほのかに感じる無難なお味。やっぱり、那覇のネパールカレー系は水準低いな。(値段は首都圏よりも高い店が多いんだけど・・)

IMG_0184.JPG
ほうれん草チキン[Sag Chicken]は、昨日ゴカルナで食べたものと比較。ごく普通のネパールカレー屋のサグチキンだったが、ゴカルナとは味も鶏肉の質も予想以上に違いすぎた。ピューレ状のほうれん草って、美味しくないんだな。
やっぱりゴカルナは、那覇のカレー屋とは思えない水準だ。

IMG_0178.JPG
かなり遅れて出てきたのがタンドリーチキンとシークカバブ。

IMG_0180.JPG
タンドリーチキンは焼き立てで美味しかったものの、シークカバブは鶏挽肉を使っているみたいで、安っぽい肉団子のお味。ぜんぜん美味しくない。

ナンはおかわりできますと、これまた首都圏のネパールカレー屋のランチタイム標準仕様だったが、もちろんパス。これでも、自宅での夕飯は食べる気になれずに抜いてしまったほどだ。(好物のチキン南蛮だっただけに残念)


※店舗詳細:スパイスガーデン 小島新田店
TEL.044-201-6199
入口GPS: 35.534598, 139.747814


以上で沖縄本島避寒旅行も全行程終了。ほぼ全日天候不順で、最終日を含む11日間の1日平均歩数は13177歩と、当初計画よりも低調な結果に終わってしまったが、その分だけ食事を控えめにしたので一つ前の鹿児島漁港食堂巡りで増加した体重を元に戻すことは出来たはずだ。

この次の旅行は、1日1往復ヘリコプター定期便が運行している青ヶ島旅行だ。コロナによる来島自粛要請で2年連続で流れていたが、中継地である八丈島も初訪問なので楽しみ。

この記事へのトラックバック