手づくりハンバーグの店 とくら@京都三条店

訪問:2022/5/23 18:20 (支払総額:1188円)
採点:総合3.5、味3.5、サービス3.0、雰囲気3.0、CP3.5
ランチを食べた後は、南禅寺から山科駅まで山歩き。

Route20220523.jpg
京都のハイキング路はたくさんあるが、有名な京都一周トレイル以外の標識がほとんど無いという全国的に見ても稀に見る不親切さだ。今回歩いた南禅寺から山科駅までの間では、標識は交差する京都一周トレイルのもの以外に見かけなかった。ちゃんとしたハイキング路なのにだ。ヤマレコの地図で現在位置を確認しながら歩いているものの、何回か違った道に向かってしまった。

DSC00621.JPG
ホテルで一休みした後、夕飯は愛用している東洋亭と二分する人気だという店で食べることにした。
なんでも東洋亭と同じように肉汁あふれるハンバーグが名物らしいが、3組の待ち行列に加わった後、ディナータイムだというのに行列がさらに伸びてしまったのには驚いた。東洋亭と違ってランチとの価格差が小さいからかな?

4店舗で食べ比べた東洋亭では、オリジナル以外は付加価値に見合う内容でなかったという経験から、こちらでも余計な細工をしていないオリジナルを注文。通常サイズの180gに対して、5割増以上となる300gでも値段差が220円しか無かったことから、当然大きいサイズを注文。

DSC00625.JPG
▲オリジナルハンバーグ300g(1023円)+ライス(165円)
出てきたライスを見て予想外に少なかったのは残念だが、膨張して膨らんだハンバーグは水まくらみたいな弾力のある表面。

DSC00628.JPG
さっそく、表面にナイフを入れると表皮のように剥がれた部分から肉汁が溢れ出てきた。
肉汁単独で味見できないが、かなり濃い味のソースと混ぜていただくことでソース自体が美味しくなった。

ただ、ハンバーグの肉が大きく違った。見ての通り白っぽいことから、おそらく鶏肉ベースではないかと。このソースに主張の少ない鶏肉ハンバーグなら問題ないが、なんかハンバーグを食べた気になれなかったのも事実だ。
東洋亭と比べてリーズナブルな価格は魅力だが、旅行で訪問する土地の店となると1回でいいやとの判断になった。


※店舗詳細:京都三条店|手づくりハンバーグの店 とくら
TEL.075-744-0777
入口GPS: 35.008698, 135.762860

この記事へのトラックバック