Faina ukrainian food@彦根市立花町1-1(彦根キャッスルリゾート駐車場)

訪問:2022/5/28 14:00 (支払総額:500円)
今日は京都から名古屋への移動日だが、速報性が必要な内容のため割り込みで発信したい。

DSC00892.JPG
ウクライナ難民支援としてクラウドファンディングサイトから支援した方が、偶然にも名古屋に向かう途中の彦根で「ウクライナ避難民によるウクライナスイーツキッチンカー@彦根城前」と題して今日からキッチンカーでの営業を開始した(プレオープン扱い)。
具体的な営業場所の発信が前日で、途中下車して立ち寄ることも可能だったので、当初予定を変更して食べてきた。

DSC00895.JPG
このプロジェクトの存在を知ったのがネットニュースだったので、メディア取材が来ているだろうなと思っていたが、関西テレビ放送(カンテレ)(☞ ウクライナ避難者がキッチンカーで母国料理を販売 |関西テレビ放送 カンテレ (or webarchive))、読売テレビ(ytv)、朝日放送テレビ(ABCTV)の3社のTVカメラが取材に来ていたので、撮影中に写り込まないようにしばらく様子を見てから注文。

DSC00905.JPG
▲ブリンチキ-チーズ(350円)
▲ファイナシェイク(350→150円)

ブリンチキ2種類とシェイクのセット(800円)を狙っていたものの、様子見の間にチキンが売り切れてしまったとのことで、ブリンチキのチーズとシェイクだけ注文。

DSC00907.JPG
公式サイトのブリンチキの説明を転記するが、
 ふわふわモチモチ「ふわモチ」皮でくるんだ、ほろ甘いクリームとフルーツがお口の中に、幸せをもたらします。
とのこと。

DSC00912.JPG
辛口グルメブロガーなのでコメントは控えるが、価格設定もウクライナ支援という意味を含めて考えるべきだろう。
ただ、これだけの品揃えでは一般リピーターを確保するには難しいと思ったのも事実。

コロナのおかげで2020年夏に行く予定だったウクライナ旅行も不可能となってしまったが、お隣ポーランドでも食事系のクレープ生地で巻いた料理を食べたことがあるので(☞ Polski Stół@ルブリン[Lublin])、日本には無いその手の食事系クレープ等も加えてみたらどうだろうか?

DSC00901.JPG

※追記(2022/5/30 7:40)
プロジェクトの報告があったので、紹介しておきたい。
プレオープン二日目終了
なお、報道によると当地での営業は6月までの土日のみとのこと。

※店舗詳細:Faina
入口GPS: 35.273361, 136.256503

この記事へのトラックバック