ラリグラス[Laliguras]@名古屋市中区新栄町3-8 今川ビル(B1F)

訪問:2022/5/28 18:00 (支払総額:2309円)
採点:総合3.5、味3.0、サービス3.5、雰囲気4.0、CP4.5
彦根でウクライナ難民支援者のプレオープンを試した後は、今日の宿泊地である名古屋に移動。

DSC00947.JPG
宿に向かう途中、ネパール料理屋の詳細メニューが壁に大きく掲示されていた店を発見し、ディナー候補にしようと写真撮影してからホテルに向かったが、今まであちこちで食べたネパールカレー屋とは全然違うラインナップで魅力的。しかも、前日新規開店したばかりで、Google Mapの口コミもゼロの状態。ざっと検索してみたものの、他のサイトにも一切載っていなかった。ということで、割込発信をもう1軒。

何の情報も無い店はリスキーだが、店頭に価格付きメニューが掲示されているし、お値段もディナー価格とは思えない安さだったことから、早速出かけてみることにした。先程探っていた際に店頭に現地人らしき子供がいたのだが、どうやら店のスタッフの子供だったみたいだ。(家族的雰囲気があったことから、割込発信して少しは応援しようと思ったワケ)

DSC00962.JPG
入ってみると、ネパールカレー屋とは思えないキレイで洒落た内装。先客は無し、後客も2組だけ(1組は身内と思われるグループで、もう1組は若いお一人様の女性! 勇気あるなぁ・・)と、Google Map以外では全然宣伝していないようだから、まったく客がいない状態。

面白いのは、店内BGMがアニソンだったことだ。最近YouTubeでまらしぃさんがピアノで弾くアニソンをBGMにしているので(☞ marasy8@YouTube)なんとなく好感を持ってしまった。

DSC00966.JPG
▲マトンチョイラセット[Mutton Choila Set](810円)
まずは、ネパール伝統的な料理と書かれた中から選んだもの。
羊の乾燥肉を戻して炒めたスクティ[Sukuti]にも惹かれたが、ラムではなくマトンをスパイスで炒めたというマトンチョイラをチョイス。

DSC00980.JPG
セットにすると写真では炒飯みたいなものに見えたが、別メニューにあるチャットパットが付くとのこと。チャットパットも知らないので興味があったわけだが、シンガポールのリトルインディアで土産によく買って帰ったインドのお菓子っぽいものだった。

DSC00977.JPG
たぶんセット表記だったので出てきたサラダ。一般的なネパールカレー屋で出てくる千切りキャベツだけのサラダよりは上等。
ちなみに、セットにするとディナータイムでもドリンクバーが無料になるという太っ腹。ペプシやジンジャエールを3杯も飲んでしまった。

DSC00961.JPG
もう1品は、サモサベースのもの。どんなものかと聞いても、しっくりくる回答が返ってこなかったので、サモサならいいかと頼んだわけだが、一人で食べるにはボリューミーすぎた。

DSC00971.JPG
▲サモサチャット[Samosa Chat](700円)
サモサをカットした上に、サモサの中味と同じような芋ベースのペーストと豆を合わせたものを乗せて、ヨーグルトをたっぷりかけたものだった。

DSC00975.JPG
結局全部平らげたが、中に隠れていたサモサの種類が複数あったみたいだ。
上にかかっていたペーストは辛くないが、サモサの中のペーストの一部に辛いものが存在していたので気づいた次第。

DSC00987.JPG
▲マトンセクワ[Mutton Sekuwa](4p)(799円)
サモサを半分平らげた段階で、大好物のマトンセクワも注文してしまった。
羊肉の価格が高騰しているのに、良心的な価格設定に惹かれてしまったというわけ。

DSC00989.JPG
マトン肉らしく硬いし味わいがある肉だが(これ重要!)、スパイス使いが今一歩かなぁ。
まあ、都市部ならあちこちにあるネパールカレー屋なので、真っ当なインドカレー屋の水準は期待していないが、炭火で焼いたような風味があるだけにやや残念。

DSC00957.JPG
普通のネパールカレー屋のようにランチはもちろんディナータイムにも割安なカレーセットメニューがあるので、参考までに掲載しておく。ほかにも、普通のネパールカレー屋にある料理は一通り揃っているので、安心して出かけることが出来るだろう。

DSC00992.JPG

※店舗詳細:ラリグラス
TEL.052-265-5898
入口GPS: 35.169499, 136.913649

この記事へのトラックバック