なつかし館「蔵」釧路駅店@JR釧路駅構内商店街

訪問:2022/6/11 13:45 (支払総額:1000円)
採点:総合2.5、味2.0、サービス3.0、雰囲気2.5、CP3.0
リアルタイムでは昨日バンコクに到着して2年3ヶ月ぶりの海外旅行に出かけているはずだが(☞ R923Eの海外食べ歩き+αに初日のビジネスクラス機内食レポートが載っていれば、無事日本脱出したことになる)、このブログは食べた日かその翌日に予約投稿で登録しているので、約1ヶ月遅れの公開となっている。
----------
「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」3日目も45年ぶりに全区間乗車する釧網線の旅。
週末割増料金の無かった川湯温泉の宿を取ったが、川湯温泉自体は未訪問だと思っていた硫黄山だけしか興味がなかったので、釧路まで快速しれとこ摩周号に乗ってからUターンして車内からの釧路湿原の景色を2度見ることにした。(さすが土曜日とあって、1両編成の車内は全員は座れない状態、すれ違ったノロッコ号もほぼ満席の乗車率だった)

DSC02043.JPG
釧路駅での折り返し時間は40分だけだったので、大人しく駅構内のレストランで食べることにした。店頭に豚丼の写真メニューが掲示されていたことから、当初狙った喫茶店カレーではなく、こちらに決定。70歳以上の老人が好みそうな懐かしいポスター等がやたら飾られているから「なつかし館」なんだろうが、私の世代のものでもないし悪趣味とも言えるので、若い方が入る店ではないな。

DSC02051.JPG
▲豚丼(具だけ大盛)(1000円)
150円増しの大盛は肉の量も増えるとのことだったので頭大盛りでお願いしたが、厚切りバラ肉が一部二重になって乗せられてきた。
味噌汁の底に溶けていない味噌の塊が沈んでいるって、どんな店なのか・・具だけ食べようとしたら、味噌の塊まで紛れていたのだ。

DSC02055.JPG
しかし、バラ肉はイオンのアメリカ輸入豚みたいに不味いうえに焼きが足りず、タレは埼玉のスーパーでも普通に買えることから私だけ愛用している(家内は好みが違うので倍以上の値段の帯広の店のタレを北海道どさんこプラザさいたま新都心店で調達して使っている)安いソラチの豚丼のタレよりも格段に劣るお味。やっぱり利便性だけの駅ナカ食堂だな。

川湯温泉駅からは硫黄山まで歩いて目的達成。2食付宿なので、今日の食べLOGはこれだけ。


※店舗詳細:なつかし館・蔵 釧路駅店
TEL.090-3391-1437

この記事へのトラックバック