町のすし家 四季花まる@すすきの店(レコルトサッポロ2F)

訪問:2022/6/12 17:40 (支払総額:1267円+札幌割2000円)
採点:総合3.5、味3.5、サービス2.5、雰囲気4.0、CP3.5
「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」4日目は、釧路経由おおぞら6号で札幌まで。石勝線のトマム以東区間は初めてのはず。

DSC02143.JPG
ランチ抜きだったので、サッポロ割でいただいたクーポンをもらって速攻で出かけたのは、お気に入りの四季花まる。過去2回品切れで無かった鹿肉を食べるのが目的だったが、今日も無いと。
詳しく聞きだしたら、最近(ここ1年という意味だと思う)まったく入荷していないそうだ。それなら、メニューに載せるなよ!(怒)

DSC02150.JPG
▲活貝の握り(5貫)(1199円)
まずは、活貝盛り。何の説明もなかったが、左からアワビ(トコブシ?)、北寄、ツブ、帆立、北寄のヒモという構成。
さすがに全部活物表記だけあって良かったが、帆立だけが鮮度落ちていたのが残念。見ていると、まとめて捌いたのをトレーに入れて放置保存しているようだったので、当たり外れが生じてしまうのだろう。

DSC02152.JPG
▲根室産あぶらがれい(418円)
これはネタが大きい上に美味しかった。後で追加しようと思っていたのを忘れたのを悔やむ。

DSC02155.JPG
▲お刺身サラダ(660円)
極端な野菜不足だったので、寿司屋ならと海鮮サラダで野菜補給。

DSC02160.JPG
前にも頼んだような気がするが、これだけ海鮮具材が入っている。

DSC02163.JPG
▲えんがわ(286円)
安定の美味しさ

DSC02165.JPG
▲根室産にしん(418円)
根室産ということで頼んでみたが、やたら長ネギを乗せて魚体を見せない細工をしている通り期待外れ。ニシンと言えば日本海側という印象なので、太平洋側の根室産のニシンが美味しくないんだろうな。

DSC02169.JPG
▲活ほっきヒモ(286円)
前回気に入ったので、活貝盛りにもあったけど追加注文。
これも捌いてから結構時間経過している?

早めに来たのは正解で、店を出る段階で待ち行列が出来ていた。初めて来た時は数えるほどしか客がいなかったので、ずいぶんと認知されてきたみたいだ。ハズレがあるのは仕方ないが、まあまあ満足できるし、2軒の愛用ホテル(IHG系とアコー系)からも0~2分と便利なので、今後も利用すると思う。

2022/5/12 前回の夜LOG
2021/6/10 前回の昼LOG

※店舗詳細:町のすし家 四季花まる すすきの店
TEL.011-520-0870
入口GPS: 43.055775, 141.355789

この記事へのトラックバック